ホーム > 

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(J MIOS) 100

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(J MIOS) 100

後足部疾患に対する最小侵襲治療の実際

高尾昌人/編

978-4-86519-702-0 C3047

2021年9月

mi0100

定価3,520円(税込み)

カートに追加

小皮切での最小侵襲手術も広く行われるようになってきた後足部疾患について詳細解説。最新知見を含めた治療のノウハウが満載です! 豊富な図写真でわかりやすく解説しています。

目次

<Editorial> 高尾 昌人
 
足関節後方インピンジメント症候群(PAIS)に対する後足部内視鏡手術
竹島憲一郎ほか
足関節後方インピンジメント症候群は,サッカーやバレエなどのスポーツによくみられる症候群である.病態を正確に把握し適切な治療を行う必要がある.手術では内視鏡による手術が一般的となってきている.診断や治療について詳述する.
長母趾屈筋腱傷害に対する鏡視下手術 西村 明展ほか
後足部内視鏡手術の普及に伴い,足関節後足部を滑走する長母趾屈筋腱の病態把握と治療が可能となった.本稿では狭窄性腱鞘炎,長母趾屈筋腱断裂,checkrein deformityの診断・治療の実際について述べたい.
バレエダンサーの後足部傷害に対する最小侵襲手術 片倉 麻衣
バレエダンサーにおける足関節後方インピンジメント症候群,長母趾屈筋腱障害について,病態,診断,内視鏡手術を用いた低侵襲手術をバレエの特徴,一般スポーツとの違いに着目して紹介する.
変形性距骨下関節症に対する鏡視下手術 中佐 智幸ほか
変形性距骨下関節症における鏡視下固定術は,骨癒合期間も短く,骨癒合率も高いため,大きな変形矯正の必要がない症例には推奨される手術である.
距踵関節癒合症に対する鏡視下手術 吉村 一朗
鏡視下癒合部切除(距踵関節癒合症)の適応と具体的手術手技について述べる.
Haglund変形に対する鏡視下手術 岩下 孝粋ほか
Haglund変形の診断には超音波検査が有用である.鏡視下踵骨形成術は,適切な切除範囲を判断でき,低侵襲で術後疼痛が少なく,復帰が早い利点がある.
新鮮アキレス腱断裂に対するエコーを活用した最小侵襲手術 岩本  航ほか
経皮的縫合術の問題であった腓腹神経損傷などの合併症は,エコーにより発生を防ぐことができる.また保存的治療で問題となる腱延長を,予防できる治療法となる可能性がある.
後足部の腫瘍・腫瘍類似疾患に対する低侵襲手術 安井 洋一ほか
後足部の腫瘍性病変に対する鏡視下手術は関節内または関節近傍の良性腫瘍・腫瘍類似疾患に限られる.手技では,腫瘍が正常解剖に影響を与えるため,より慎重な手術操作が必要である.
踵骨関節内骨折手術後の遺残疼痛に対する後足部内視鏡手術 重城 保之ほか
後足部内視鏡手術は踵骨関節内骨折手術後の遺残疼痛に対して低侵襲に行えるが,注意すべきポイントを理解し安全に行う必要がある.
踵骨骨折に対する外側小切開内固定術 雑賀 建多
踵骨関節内骨折に対し,我々が主に行っている外側小切開からの内固定術,またその最新の知見について述べる.

関連書籍

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 34/2 下肢スポーツ損傷の診かた古賀英之/編
定価:2,640円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 33/13 足関節果部骨折にともなうシンデスモーシス損傷を考える高田直也/編
定価:2,640円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 32/9 いま反復しておきたい足の外科基本手技栃木 祐樹/編
定価:2,530円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 31/5 下肢の手術進入路の手引き<増大号>金子 和夫/編
定価:4,950円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 29/5 復帰を早めるスポーツ損傷低侵襲手術テクニック<増大号>黒田 良祐/編
定価:4,730円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 28/7 もっと知りたい! 関節手術に役立つ機能解剖秋田 恵一/編
定価:2,530円(税込み)

明日の足診療シリーズⅠ 足の変性疾患・後天性変形の診かた 日本足の外科学会/監修
ISBN:978-4-86519-279-7 C3047
定価:9,350円(税込み)

足関節ねんざ症候群-足くびのねんざを正しく理解する書- 高尾昌人/編
ISBN:978-4-86519-270-4 C3047
定価:6,050円(税込み)

ページトップへ