ホーム > 

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 164

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 164

どう使う! 抗菌薬

間島雄一/編

978-4-88117-853-9 C3047

2014年3月

en0164

定価2,700円(税込み)

目次

抗菌薬の正しい使い方―PK-PD理論に基づいた抗菌療法― 直良 浩司
抗菌薬のPK-PDを理解し,指標となるPK-PDパラメータに基づいた投与設計を行うことが,細菌学的および臨床効果を確保するために重要となる.
耳鼻咽喉科領域主要疾患よりの検出菌と薬剤感受性 鈴木 賢二
急性上気道感染症では肺炎球菌,インフルエンザ菌,モラクセラカタラーリス菌,A群β溶連菌などが重要であり,肺炎球菌,インフルエンザ菌では薬剤耐性化が進んでいる.
急性中耳炎に対する抗菌薬治療 林  達哉
日米ともに改訂された小児急性中耳炎ガイドラインは鼓膜所見に基づいた抗菌薬治療を重視している.その適正使用は正確な診断技術を持つ耳鼻咽喉科医がリードすべきである.
急性副鼻腔炎に対する抗菌療法 松原 茂規
軽症例の一次治療では抗菌薬を投与しない.中等症以上の抗菌薬はAMPC常用量を基本とするが,奏効しない時はAMPC高用量,セフェム系抗菌薬高用量を投与する.
口腔・咽頭・喉頭領域の感染症に対する抗菌療法
鈴木 正志ほか
主要な上気道感染症に対する抗菌療法について述べた.ウイルス性が多いため抗菌薬の適応を見極めることが重要である.
深頸部感染症に対する抗菌療法 石永  一
初期治療としてはグラム陽性球菌や嫌気性菌をカバーするような経験的治療を行い,その後は細菌学的検査に基づいた抗菌薬への変更を考慮すべきである.
性感染症に対する抗菌療法 余田 敬子
梅毒ではDEBCPCG 40万単位またはAMPC 500mg 1日3回,感染時期により2~12週間投与する.淋菌にはCTRX 2g/日を1~3日間,クラミジアにはCAM 200mgを1日2回14日間投与する.
マクロライドの非抗菌薬,抗菌薬としての作用 飯野ゆき子
マクロライド系薬は抗炎症作用,免疫調節作用により慢性気道炎症性疾患に使用されているが有効性の低い症例もあり,それらに対する治療戦略もさらに検討する必要がある.
周術期における抗菌薬の予防投与 河村 一郎
手術部位感染症は重要な医療関連感染症のひとつである.周術期における抗菌薬の役割は「手術部位の菌量を減らして感染の機会を減らす」ことにある.
耳鼻咽喉科領域における微生物検査材料の品質管理と病原性細菌および真菌の分離状況 二本柳 伸ほか
検体の品質管理の良否は微生物検査の成績を左右する重要な要因である.耳鼻咽喉科領域感染症は,薬剤耐性菌によって治療が遷延することがあるため,経験的治療にのみ頼らず培養検査を行う必要がある.
【抗菌薬略語表

関連書籍

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 139 耳鼻咽喉科における抗ウイルス薬・ステロイドの効果的処方 <増大号>氷見徹夫/編
ISBN:978-4-88117-828-7 C3047
定価:5,184円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 100 耳鼻咽喉科外来 薬の選び方・使い方・投与期間<増刊号>夜陣紘治/編
ISBN:978-4-88117-448-7 C3047
定価:5,832円(税込み)

すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ

肥塚 泉/編
ISBN:978-4-88117-044-1 C3047
定価:10,800円(税込み)

耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル 耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル本庄  巖
市川銀一郎/編
ISBN:978-4-88117-057-1 C3047
定価:7,560円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 131 耳鼻咽喉科領域のウイルス・細菌・真菌感染症治療戦略<増刊号>洲崎春海/編
ISBN:978-4-88117-820-1 C3047
定価:5,832円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 162 抗めまい薬の使い方update飯田政弘/編
ISBN:978-4-88117-851-5 C3047
定価:2,700円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 157 見落としやすい耳鼻咽喉科疾患<増刊号>大森孝一/編
ISBN:978-4-88117-846-1 C3047
定価:5,832円(税込み)

ページトップへ