ホーム > 

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 25/13

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 25/13

疲労骨折の診かた治しかた

水田 博志/編

2012年12月

or2513

定価2,420円(税込み)

スポーツ医療の現場で、時に難治性となり苦慮する疲労骨折。診断から治療、復帰時期まで、どう対応するかを中心にまとめられた一冊。

目次

疲労骨折の臨床像と画像診断 石橋 恭之ほか
疲労骨折の診断のポイントは詳細な病歴聴取である.X線が第一選択の画像診断であるが初期は所見を認めないこともあり,MRIやCTなどの補助検査が診断や経過観察に必要である.
シンスプリントと脛骨疲労骨折のMRIによる鑑別 万本 健生ほか
下腿過労性障害の早期鑑別診断にはMRIが有用である.骨膜浮腫のほか骨髄内異常信号の広がり,皮質骨の異常信号に着目し,その早期鑑別診断を行うことが大切である.
疲労骨折の保存療法 亀山  泰
疲労骨折の治療の基本となる保存療法とスポーツ復帰,再発予防について治療総論を述べてから,上肢,体幹,下肢に分けて各々の疲労骨折の保存治療について述べる.
大腿骨頚部疲労骨折 丸山祐一郎ほか
大腿骨頚部疲労骨折は,発見の遅れや管理によっては転位をきたし,大腿骨頭壊死,偽関節などの重大な結果を招くことがある.特に大腿骨頚部上方に骨折線を有する場合は厳重な注意を必要とする.
跳躍型脛骨疲労骨折 内山 英司
跳躍型疲労骨折に対する髄内釘は通常の骨折固定とは異なり,正常な骨での伸張ストレスを回避するのが目的である.そのため十分な太さの髄内釘を挿入する必要がある.
脛骨内果疲労骨折 宇佐見則夫
足関節内果疲労骨折のポイントは早期の確定診断である.早期に診断すれば大半が保存療法で治癒するからである.スポーツ愛好者で外傷がなく疼痛と腫脹がありスポーツ休止で軽快するなら本症を念頭に置くべきである.
舟状骨疲労骨折の病態,診断および治療 杉本 和也
足部舟状骨の疲労骨折は難治性の骨折として知られる.しっかりと6週間以上の固定と免荷を行うと保存治療が可能であるが,骨硬化や骨折部の離開例には手術が必要である.
第5中足骨近位骨幹部骨折 早稲田明生
第5中足骨近位骨幹部の骨折は保存的治療では遷延治癒や偽関節を生じることが多い.髄内の骨硬化がみられる場合には,髄内スクリュー固定の適応となる.
肘頭疲労骨折 古島 弘三ほか
肘頭疲労骨折の頻度は少なく,また一般の認識も低いため見逃されやすい.野球肘障害において本疲労骨折は末期的な症状であり,内側側副靱帯損傷も合併することが多いため,治療には注意を要する.
成長期腰椎分離症の診断と治療 小林 良充
腰痛を訴えた就学期のスポーツ選手には,腰椎分離症を念頭に置いて診察する.単純X線像で分離が把握できない例や臨床所見が合わない例では,まずMRIを行う.

関連書籍

これでわかる!スポーツ損傷超音波診断 杉本勝正/著
ISBN:978-4-88117-068-7 C3047
定価:5,060円(税込み)

達人が教える外傷骨折治療 【オルソペディクス25周年記念書籍】 糸満盛憲・戸山芳昭/編
ISBN:978-4-88117-063-2 C3047
定価:8,800円(税込み)

ここが聞きたい!   スポーツ診療Q&A ここが聞きたい!スポーツ診療Q&A桜庭景植/編
ISBN:978-4-88117-058-8 C3047
定価:6,050円(税込み)

スポーツ医学常識のうそ スポーツ医学常識のうそ

横江清司/著
ISBN:978-4-88117-054-0 C3047
定価:2,860円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 23/5 スポーツ外傷・障害診療実践マニュアル<増刊号>帖佐悦男/編
定価:6,270円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 24/13 スポーツ足の外科診療田中 康仁/編
定価:2,420円(税込み)

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(J MIOS) 65 足スポーツ障害に対する最小侵襲手術長谷川 惇/編
ISBN:978-4-88117-758-7 C3047
定価:3,190円(税込み)

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 137 スポーツ障害のリハビリテーション―運動連鎖からのアプローチ<増大号>白倉賢二/編
ISBN:978-4-88117-682-5 C3047
定価:4,290円(税込み)

ページトップへ