ホーム > 

PEPARS(ペパーズ) 52

PEPARS(ペパーズ) 52

乳房再建術 私の方法

矢野健二/編

978-4-88117-501-9 C3047

2011年4月

pe0052

定価3,300円(税込み)

カートに追加

目次

乳房再建術の基本戦略
菊池  守ほか
乳房再建の術式選択においては様々な要素を総合して検討しなくてはならない.それぞれの乳癌切除術式での基本的な再建法の特徴,適応,選択について概説した.
脂肪由来幹細胞移植―Cell-assisted lipotransfer(CAL)による乳房再建― 淺野 裕子ほか
脂肪組織由来幹細胞を補助的に利用した脂肪移植による乳房再建術について,その手術方法,術後経過,問題点などを詳述する.
脂肪幹細胞移植を応用した乳房再建 北村  薫
乳房温存術後の再建方法は確立された方法がなかったが,自家脂肪を用いた脂肪再建は安全,簡便で特に瘢痕拘縮を伴わない局所の陥凹に対しては満足度の高い治療選択肢である.
遊離真皮脂肪片移植 喜島 祐子ほか
乳房A~E領域の部分欠損に,下腹部から採取した遊離真皮脂肪片移植を行い良好な結果を得たので報告する.
乳房下溝線部脂肪筋膜弁による再建法 小川 朋子
乳房下部領域乳癌に対する乳房温存手術において,乳房下溝線より尾側の脂肪を筋膜とともに舌状に採取した脂肪筋膜弁を用いた再建法を行っているので,手技の注意点も含めて紹介する.
側胸部真皮脂肪弁による乳房形成術 小林 公一ほか
乳房温存療法は形成外科的手技を加えることで,広範囲の切除を可能として根治性を高め,整容性の高い乳房温存療法を達成することができる.本手術手技は外科医が実施できる簡単な方法であり,適応範囲も広い.術前化学療法の効果,乳癌の拡がり診断さらには術後放射線治療の必要性などを総合的に評価し術式を決定するoncoplastic surgeryを発展させるために,乳腺外科医が習熟して実践してほしい手術手技の一つとして報告したい.
側胸部と背部の有茎穿通枝皮弁を用いた乳房再建術 佐武 利彦ほか
側胸部と背部に位置する穿通枝(LI-CAP & TAP)を血管柄とした有茎皮弁,脂肪弁による乳房温存後の部分乳房再建につき解説した.乳房温存手術後の外側領域を中心とした比較的広範な部分欠損まで対応でき,有用な再建法の一つである.
乳房縮小術の応用 座波 久光
乳房縮小術を応用した温存術は,切除量の増加と整容性の向上を兼ね備えた術式だが,適応症例に制限があり対側乳房の手術を要することも多い.実際の手術手技をこれらの問題点も含めて紹介する.
乳輪乳頭同時再建による乳房再建 貴志 和生ほか
乳癌切除の変化に伴い,再建すべき乳房の皮膚や量が減少した.十分な皮膚が残されていれば,乳房再建と同時に乳輪乳頭再建を行っても全体的な形態は損なわれない.
乳房再建術の将来展望 矢野 健二
乳癌手術の多様化に伴い,それに応じた再建手技も多様化してきた.今後は症例に応じて適応を見極めて再建手技を選択する必要がある.多様化した再建手技について編集者の立場からコメントした.

関連書籍

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻

中島龍夫・百束比古/編
ISBN:978-4-88117-051-9 C3047
定価:13,200円(税込み)

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻

百束比古・中島龍夫/編
ISBN:978-4-88117-052-6 C3047
定価:13,200円(税込み)

PEPARS(ペパーズ) 84 乳房再建術 update酒井成身/編
ISBN:978-4-88117-533-0 C3047
定価:3,300円(税込み)

PEPARS(ペパーズ) 37 穿通枝皮弁マニュアル<増大号>木股 敬裕/編
ISBN:978-4-88117-486-9 C3047
定価:5,500円(税込み)

ページトップへ