ホーム > 

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 20/1

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 20/1

大腿骨転子部・転子下骨折治療マニュアル

香月憲一/編

2007年1月

or2001

定価2,310円(税込み)

目次

大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドラインの概要
渡部 欣忍ほか
EBMに対する誤解を解くためにその考え方を簡単に説明した.また,診療ガイドラインのうち,診断と治療に関する内容に焦点を当てフローチャートを示しながら概説した.
大腿骨転子部骨折の治療戦略 鈴木 浩之ほか
整形外科医として理念を持って治療していきたい大腿骨転子部骨折の治療戦略について,疫学,分類,周術期管理,手術手技,ピットフォール,合併症などを中心に説明した.
大腿骨転子下骨折の治療戦略 佐藤  徹
大腿骨転子下骨折に対するfirst choiceはcephalomedullary interlocking nailであるが,保存的に整復されない場合は骨折部の観血的整復をためらうべきではない.プレート固定法を選択する場合は大腿骨内側皮質骨のコンタクトを得ることが肝要であり,MIPO法は粉砕症例や肺挫傷合併例に適応がある.
エンダー釘を用いた治療 安藤 謙一
大腿骨転子部骨折に対するEnder法は骨に優しい低侵襲手術ではあるが,極めて難易度の高い手術であるため,良好な成績を得るには手技上のポイントを理解し手術に習熟する必要がある.
大腿骨転子部・転子下骨折のcompression hip screwを用いた治療 楠本 剛夫
CHS方法では早期手術・ガイドピン位置・症例ごとの後療法と荷重開始に注意が必要である.135°CHSと150°CHSの術後成績で角度差の影響で有意差のあった項目は,手術時間と骨癒合期間であった.
AS hip screwを用いた治療 中山威知郎ほか
AS hip screwは角度可変式ヒップスクリューとしてその有用性は広く認められてきた.今回,不安定型用のTP-AS hip screwやCCHSも含めいままであまり述べられていない細かな特徴やテクニックについて述べた.
ガンマネイルを用いた大腿骨近位部骨折の治療 正田 悦朗
Gamma nailおよびGamma3nailの大腿骨近位部骨折に対する適応,合併症,Gamma3nailの手術手技について述べる.転子部骨折の合併症については,骨折線とnail挿入部との関係から骨折型を分類して報告する.
Proximal Femoral Nailを用いた治療 佐々木健陽ほか
PFNは骨頭回旋予防のための2本のラグスクリューを有するため,手術中髄内釘の挿入位置とスクリューが刺入することに細心の注意を払う必要がある.PFNA開発により,手術適応は限られてきているが,頚基部骨折や逆斜骨折に最も信頼できる内固定材料である.
TARGON PF nailを用いた治療 佐々木 聡
TARGON PF nailは,双軸固定ができ骨頭の回旋が予防でき,telescoping mechanismが優れているため大腿骨頚基部の骨折や不安定型骨折にも有用である.
積極的保存的療法 浜西 千秋
大腿骨転子部骨折は骨癒合が良好である.積極的な保存療法を患者に提示できる力が整形外科医に求められている.
ヒッププロテクタによる大腿骨頚部骨折の予防 小池 達也
ヒッププロテクタの知名度は上がってきたが,臨床効果は完全には証明されていない.装着率をあげる改良が必要である.

関連書籍

骨折治療基本手技アトラス~押さえておきたい10のプロジェクト~ 最上敦彦/編
ISBN:978-4-86519-257-5 C3047
定価:16,500円(税込み)

ページトップへ