ホーム > 

PEPARS(ペパーズ) 46

PEPARS(ペパーズ) 46

体表悪性腫瘍の部位別治療戦略

橋本一郎/編

978-4-88117-495-1 C3047

2010年10月

pe0046

定価3,300円(税込み)

目次

頭部の体表悪性腫瘍における治療戦略 村上 正洋ほか
SCALPと表記される頭蓋壁の特殊な構造とそれらに起因する皮膚の可動性や伸展性の問題,豊富な血流とリンパ流,毛髪があるが故の制約などを有する頭部における体表面悪性腫瘍の治療戦略を述べる.
上・下眼瞼の体表悪性腫瘍における治療戦略 齋藤  亮ほか
眼瞼腫瘍切除後の再建アルゴリズムや術式に関する報告は多数あるが,形成外科医に求められるのは再建手術だけではない.本稿では診断から始まる眼瞼悪性腫瘍の治療戦略についてまとめている.
頬部の体表悪性腫瘍における治療戦略
堤田  新
頬部に発生する体表悪性腫瘍の特徴をつかみ,腫瘍型,進行度に応じた切除範囲,頬部からのリンパ流と頚部廓清術の手技,整容面を考えた治療が重要と考える.また,手術以外の治療法も考慮する.
耳介の体表悪性腫瘍における治療戦略 櫻井 裕之ほか
耳介悪性腫瘍においては,各部位により皮膚軟骨の構造が異なるため,それぞれの部位における適切な治療法を習得することが肝要である.
外鼻の皮膚悪性腫瘍における治療戦略 大西  清ほか
外鼻の再建は,その形態の特殊性から難易度が高い.Unit原理を応用した再建は,色調・質感の連続性を保ち,自然な形態の再現が得られ,整容面に配慮した優れた修復法と考えられる.
口唇の体表悪性腫瘍における治療戦略 中岡 啓喜
口唇悪性腫瘍切除後の再建には局所組織の利用が機能的,外見的に良好な結果を得るためには重要である.遠隔,遊離組織による再建の場合,機能的,外見的に局所組織利用には劣ることがある.
胸腹部の体表悪性腫瘍における治療戦略 清水 瑠加ほか
胸腹部の悪性腫瘍切除後の再建では,欠損組織の補填に加え,生命維持に必要な機能の再建を要する.その際,重要臓器保護のための安全・確実性という観点から,可能な限り有茎皮弁にて再建を行う.
外陰殿部癌 安倍 吉郎ほか
外陰癌は以前より広汎外陰切除が標準術式であり,その解剖学的特徴から繊細な再建が要求される.また殿部では荷重部の再建を考慮する必要がある.皮弁による再建法を中心に治療戦略を述べる.
上肢軟部悪性腫瘍広範切除後の再建―部位別にみた再建方法の選択― 今井 智浩ほか
上肢悪性軟部腫瘍広範切除後の欠損に対する再建では,皮弁や機能的再建を積極的に適用することで患肢機能の向上が可能である.
下肢の体表悪性腫瘍における治療戦略 小川  令ほか
下肢の悪性腫瘍再建では,個々の症例ごとに再発のリスクや術後併用療法の有無,再建部位の解剖学的特徴などを考慮し,機能再建から美容的再建まで総合的に判断し,最適な術式を選択する.

関連書籍

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻

中島龍夫・百束比古/編
ISBN:978-4-88117-051-9 C3047
定価:13,200円(税込み)

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻

百束比古・中島龍夫/編
ISBN:978-4-88117-052-6 C3047
定価:13,200円(税込み)

Monthly Book Derma(デルマ) 166 皮膚悪性腫瘍 診断と治療山本 明史/編
ISBN:978-4-88117-615-3 C3047
定価:2,750円(税込み)

PEPARS(ペパーズ) 37 穿通枝皮弁マニュアル<増大号>木股 敬裕/編
ISBN:978-4-88117-486-9 C3047
定価:5,500円(税込み)

Monthly Book Derma(デルマ) 171 外来でできる皮膚外科手術のコツ臼田 俊和/編
ISBN:978-4-88117-620-7 C3047
定価:2,750円(税込み)

ページトップへ