ホーム > 

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 157

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 157

肩関節傷害 診療の真髄<増大号>

岩堀裕介/編

978-4-88117-702-0 C3047

2013年5月

mr0157

定価4,290円(税込み)

カートに追加

目次

I.肩(関節)の痛みの病態
牛田 享宏ほか
肩の痛みの病態として,関節およびその周囲組織の炎症,神経メカニズム,動的な要因,運動制限,筋力の問題が挙げられる.
II.投球障害肩
動作解析からみた投球障害 石井 壮郎
投球動作を解析することによって,動作から投球肩の病変を予測し,病変を防ぎつつ球速を高めていく投球動作を,コンピュータ上で探索できるシステムを開発した.
野球肩理学所見11項目のとり方・考え方 新宮 由幸ほか
投球障害肩の考え方,評価手順,評価としての野球肩理学所見11項目の詳細を述べている.また,隠れている選手本来の関節の緩みを知る方法を述べる.
病態からみた機能訓練と投球動作指導 宮下 浩二
投球障害肩は,投球動作における肩複合体の運動様式を理解して分析する必要がある.そして投球動作指導は運動学的,解剖学的見解に基づいて行うべきである.
病態のタイプと治療方針の違い 中川 滋人
投球障害肩には少なくともゆるい肩とかたい肩の2つのタイプが存在し,その病態に合わせたリハビリテーションが重要である.
保存療法と手術療法―Internal impingementを中心に― 瀧内 敏朗
投球障害肩の本態は非常に難解である.本稿では,筆者の考える投球障害の原因と,実際に行っている保存療法および手術療法について述べた.
III.腱板断裂
腱板断裂に対する理学療法 千葉 慎一
腱板断裂患者に対して,筆者自身が臨床で実際に行っていることをまとめた.特に,肩甲胸郭関節と体幹・胸郭に対するアプローチは常に関連づけて考えている.
鏡視下腱板修復術の術式と後療法―手術適応と術式― 高橋 憲正ほか
肩腱板断裂に対する,一次修復,パッチ,上腕二頭筋腱の処置の適応と実際について解説する.高齢者の陳旧性広範囲断裂では,リバース型人工肩関節の導入が期待される.
直視下腱板修復術の術式と後療法 畑  幸彦
直視下腱板修復術は解剖学的位置関係を把握しやすく,手術手技が簡単で,手術適応の範囲が広く,術者の技量や断裂の大きさに応じて術式を変更・追加でき,手術時間も短い.
肩関節腱板広範囲断裂に対する上方関節包再建術 三幡 輝久
現在,我々が行っている上方関節包再建術の適応と禁忌,手術手技と後療法のポイントを述べる.
一次修復不能な広範囲腱板断裂に対する筋腱移行術を用いた腱板再建術の適応と手術のコツとピットフォール 末永 直樹ほか
一次修復不能な広範囲腱板断裂に対する広背筋・大円筋腱,肩甲下筋腱,大胸筋移行術,また小径人工骨頭を用いた再建術の適応と手術のコツとピットフォールおよび後療法について報告した.
IV.五十肩(凍結肩)
保存療法―サイレント・マニピュレーションを中心に― 皆川 洋至
外来サイレント・マニピュレーションでは,術後1週で術前疼痛の約4割,術後1か月で約3割まで痛みを軽減できる.
鏡視下関節包切離術の術式と後療法 柴田 陽三
関節包切離術の成績は,関節包部分切離術よりも全周性切離術のほうが優れている.関節包腋窩陥凹部の下層にある神経血管束を損傷せぬよう,正確で安全な関節包切離術について述べる.
V.外傷性肩関節前方不安定症
保存治療の適応と実際―外旋固定法および脱臼予防装具― 山本 宣幸ほか
初回脱臼に対しては,外旋固定法,脱臼予防装具,外科的治療の3つの選択肢を患者に提示し,それぞれのメリット,デメリットについて説明し,最終的に患者と相談のうえ,治療法を決定する.
鏡視下Bankart修復術の術式と後療法―DAFF法・TAFF法を中心に― 佐原  亘ほか
鏡視下Bankart修復術の術式としてフットプリント固定法であるTAFF法を新たに開発した.本術式のポイントと後療法の工夫について述べる.
鏡視下Bankart修復術と鏡視下Bristow法の使い分け 鈴木 一秀
鏡視下Bankart & Bristow変法の適応は,コリジョン・フルコンタクトアスリートおよび鏡視下Bankart法術後再受傷例である.また,関節窩骨欠損が大きな症例にも適応となる.
コリジョンアスリートに対するBristow変法 山崎 哲也ほか
外傷性肩関節前方不安定症を有するラグビー選手に対して,当科で行っているBristow変法の術式のポイントと後療法およびスポーツ復帰における注意点なども含め詳述する.
VI.動揺肩・習慣性後方亜脱臼
非外傷性肩関節不安定症の疫学と保存療法 黒田 重史
非外傷性不安定症では自然治癒がしばしば起こる.発症年齢が低いほど自然治癒率は高く,オーバーヘッドスポーツは自然治癒を阻害する.治療の基本は姿勢矯正である.
動揺肩に対する保存療法と鏡視下手術 井手 淳二
動揺肩の治療は,動的肩関節安定化因子,すなわち,腱板・肩甲胸郭運動の強化・改善などの保存療法を原則とする.
習慣性肩関節後方亜脱臼に対する後方bone block法 中川 照彦
習慣性肩関節後方亜脱臼に対する後方bone block法について述べた.本法は腸骨採取など侵襲が大きいことから,手術法の第1選択は鏡視下後方関節包縫縮術と考える.
VII.肩関節周辺神経障害
肩甲上神経障害の病態と治療 池上 博泰
肩甲上神経障害は肩甲切痕部と棘窩切痕部で生じることが多い.電気生理学的検査が必須で,棘上筋,棘下筋ともに異常所見があれば肩甲切痕レベル,棘下筋のみであれば肩甲棘外側縁レベルの絞扼である.
腋窩神経障害・胸郭出口症候群(腕神経叢過敏)に対する理学療法 飯田 博己ほか
腋窩神経障害と胸郭出口症候群(腕神経叢過敏)に対する理学療法では,神経絞扼に直接関与する過剰な筋活動を抑制し,間接的に関与する機能障害を改善することになる.生活指導が治療の成否にかかわることもある.
肩関節周辺神経障害の病態と治療 岩堀 裕介ほか
肩関節周辺神経障害は決して稀ではないが,多くの症例において主症状が漠然とした疼痛やしびれであり,明確な神経脱落所見や画像所見に乏しいため,見落とされる危険性が高い.

関連書籍

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 30/12 投球障害肩の診療―予防・治療・復帰―岩堀 裕介/編
定価:2,530円(税込み)

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 149 臨床現場に必要な運動器画像診断入門<増刊号>皆川 洋至/編
ISBN:978-4-88117-694-8 C3047
定価:5,390円(税込み)

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 137 スポーツ障害のリハビリテーション―運動連鎖からのアプローチ<増大号>白倉賢二/編
ISBN:978-4-88117-682-5 C3047
定価:4,290円(税込み)

肘実践講座 よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎 肘実践講座 よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎

岩瀬毅信・柏口新二・松浦哲也/編集
ISBN:978-4-88117-070-0 C3047
定価:8,250円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 25/11 日常診療に役立つ肩関節疾患の診断と治療<増大号>井樋 栄二/編
定価:4,620円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 26/5 達人はこうみる 四肢関節画像診断<増刊号>金子和夫・佐志隆士/編
定価:6,270円(税込み)

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(J MIOS) 63 腱板広範囲断裂に対する最小侵襲治療を目指して黒川 正夫/編
ISBN:978-4-88117-756-3 C3047
定価:3,190円(税込み)

達人が教える外傷骨折治療 【オルソペディクス25周年記念書籍】 糸満盛憲・戸山芳昭/編
ISBN:978-4-88117-063-2 C3047
定価:8,800円(税込み)

ここが聞きたい!   スポーツ診療Q&A ここが聞きたい!スポーツ診療Q&A桜庭景植/編

https://www.m2plus.com/content/6280?referrer1Name=%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%8C%E8%81%9E%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81,%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E8%A8%BA%E7%99%82Q&referrer1To=%2Fsearch%3Fq%3D%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%8C%E8%81%9E%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E8%A8%BA%E7%99%82Q
ISBN:978-4-88117-058-8 C3047
定価:6,050円(税込み)

ページトップへ