ホーム > 

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 25/8

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 25/8

整形外科外来に有用な超音波診断

長岡 正宏/編

2012年7月

or2508

定価2,376円(税込み)

小誌で取り上げるのは6年ぶりとなる超音波診断特集。日常診療で超音波を自在に操る著者達に、未経験でもわかりやすい内容におまとめいただきました。診断力強化にベストな1冊です!

目次

超音波ガイド下神経ブロックの有用性 加藤  実
(1) ワークショップ,(2) 局所解剖,(3) プローブの基本操作,(4) ブロック針の刺入,(5) 合併症対策,(6) 安全モニター,(7) 局所麻酔薬の最大使用量などについての学習が必要.
末梢神経障害に対する超音波診断 中道 健一
超音波検査は,絞扼性神経障害(特に手根管症候群),占拠性病変などの局所病変,くびれを伴う神経炎,神経腫瘍(特にoccult lesion)の診断に有用である.
軟部腫瘍に対する超音波診断 麩谷 博之
超音波診断は軟部腫瘍の存在診断と嚢胞性病変との鑑別だけでなく,ドプラ法を併用することで良性と悪性の鑑別にも有用である.
関節リウマチ(RA)に対する超音波診断―RAの早期診断における関節超音波の有用性― 大野  滋
RAの疑われる患者を超音波検査で観察すると,触診でわからない滑膜炎・X線でわからない骨びらんを検出することができるため,RAの早期診断が可能となる.
スポーツ障害に対する超音波診断 杉本 勝正
スポーツ障害,外傷の特徴と多様性を知ったうえで,まずその部位の正常超音波像を理解する.その基本を押さえた後に異常像の時間的経過や他の画像所見,手術所見などとの比較をし,より詳細かつ正確な超音波診断技術を向上させる不断の努力が必要である.
狭窄性屈筋腱腱鞘炎の超音波診断 亀山  真
超音波エコーは狭窄性腱鞘炎において,dark tendon signを典型とする腱のたわみの所見,腱の滑走障害,腱鞘の肥厚を同定でき,特にばね指症状のない診断困難例に有用な検査である.
肘関節疾患に対する超音波診断
原田 幹生ほか
上腕骨内側上顆の裂離の超音波診断が可能である.上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎の診断では,超軟骨下骨と軟骨層を同時に評価可能である.ポータブル超音波機器は,野球肘の野外検診に有用である.
肩関節疾患に対する超音波診断 木島 泰明ほか
肩に愁訴を持つ方が外来を受診した際に,どのような診察を受け,どのように超音波が用いられるかを解説した.いつもの診察のなかに自然に超音波を取り入れることで診断から治療へとつながる.
下腿三頭筋肉離れの超音波診断 西岡 英次
下腿三頭筋の超音波検査時は必ず動画を撮影してその病態を把握し,治療計画を立てることが必要である.また経時的な超音波検査により,断裂部の治癒過程をみていくことが大切である.
小児股関節に対する超音波診断 服部  義
整形外科外来で診断が必要な単純性股関節炎,化膿性股関節炎,初期ペルテス病などの超音波診断の特徴を報告した.小児股関節炎の診断に超音波診断は極めて有用である.

関連書籍

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 24/11 脊椎・脊髄画像診断<増大号>徳橋 泰明/編
定価:4,536円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 24/2 股関節総合画像診断湏藤 啓広/編
定価:2,376円(税込み)

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(J MIOS) 59 神経ブロックによる疼痛管理平川 和男・野村 岳志/編
ISBN:978-4-88117-752-5 C3047
定価:3,132円(税込み)

達人が教える外傷骨折治療 【オルソペディクス25周年記念書籍】 糸満盛憲・戸山芳昭/編
ISBN:978-4-88117-063-2 C3047
定価:8,640円(税込み)

図説 実践手の外科治療 栗原邦弘/著
ISBN:978-4-88117-065-6 C3047
定価:8,640円(税込み)

図解よくわかる整形外科MRI診断実践マニュアル 図解よくわかる整形外科MRI診断実践マニュアル

伊藤博元/編
ISBN:978-4-88117-033-5 C3047
定価:9,720円(税込み)

ページトップへ