ホーム > 

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 300

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 300

膝スポーツ障害・外傷のリハビリテーション診療実践マニュアル<増大号>

津田英一/編

978-4-86519-502-6 C3047

2024年5月

mr0300

定価4,400円(税込み)

カートに追加

3営業日内ですぐに発送!

スポーツ障害における「膝」のリハビリテーションについて特集しました。
スポーツドクター、トレーナー、理学療法士だけでなく、整形外科医にもご一読頂きたい増大号です!

目次

膝前十字靱帯再建術におけるスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 木村 由佳ほか
ACL再建術の安全なスポーツ復帰のためには,受傷に関連するとされる身体的因子を改善するための動作指導を含めた,段階的なリハビリテーション治療が重要である.
骨端線閉鎖前の膝前十字靱帯損傷に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション治療 柴田 洋平ほか
骨端線閉鎖前の前十字靱帯損傷の患者の特徴,治療,リハビリテーションについて述べる.
脛骨顆間隆起骨折に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 橘  優太ほか
脛骨顆間隆起骨折は重要な小児の膝関節外傷であり,X線,CT,MRIによる合併損傷を含めた早期診断加療を要し,リハビリテーションでは早期可動域訓練開始が重要である.
解剖学的3重束後十字靱帯再建術後のスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 石川 大樹ほか
膝後十字靱帯(PCL)再建術後の移植腱の成熟や骨孔の経時的な変化を理解し,移植腱にオーバーストレスを加えないようなリハビリテーションプログラムを実践することが大切である.
膝後十字靱帯損傷保存療法におけるスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 稲垣 有佐ほか
単独膝後十字靱帯(PCL)損傷の保存的リハビリテーションでは,治癒途中のPCLに負荷のかからないよう,初期には可動域・荷重制限のうえ,大腿四頭筋の強化に取り組む.ハムストリングスの収縮を避けることも重要である.
膝内側側副靱帯損傷に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 川口 航平ほか
内側側副靱帯損傷(MCL)においてはスポーツ復帰までのメディカルリハビリテーション,アスレティックリハビリテーションが非常に大切であり,受傷前のパフォーマンスの獲得,再発予防を目指す.
半月板部分切除術後におけるスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 山口  徹ほか
半月板温存が望ましいものの,損傷部位や形態によって部分切除術は必要である.リハビリテーションでは損傷した部位にかかるメカニカルストレスを考える必要がある.
半月板修復術におけるスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 鈴木 智之
半月板損傷形態は多岐にわたる.縫合手技も術者によって様々であり,時代とともに変化(進歩)しているため縫合修復術の初期強度に関して執刀医とリハビリテーションスタッフのコミュニケーションが必要である.
外側円板状半月板に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 木下 拓也ほか
外側円板状半月板の病態を踏まえた保存加療・手術加療・スポーツ復帰までのリハビリテーションについて解説し,当院での臨床成績を述べる.
膝関節周囲疲労骨折に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 山口 奈美ほか
疲労骨折の部位によってlow risk群とhigh risk群,MRI所見によってgrade1~4に分類される.部位やMRIのgrade,骨癒合の状態などアスリートに合わせた段階的なリハビリテーションが必要である.治療法選択やリハビリテーションの進め方の一助になれば幸いである.
腸脛靱帯炎・鵞足炎に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 横山 萌香ほか
腸脛靱帯炎や鵞足炎は機械的なストレスによって膝内外側の痛みを生じる.これら疾患のリハビリテーションでは機械的ストレスを助長する可能性のある因子を軽減して組織の治癒に貢献することが重要である.
小児の膝関節周囲骨端症に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 豊岡 青海ほか
多くは自然経過で症状消失するが,コントロールが上手くいかない場合には,筋力と持久力が低下し慢性化する.スポーツ復帰や継続に向けて症状を早期に緩和し,慢性化しないようにすることが重要で,理学療法士の介入の余地が大きい.
膝蓋腱症に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 仙石 拓也ほか
膝蓋腱症に対する保存療法は長期経過をたどり,近年は段階的腱負荷運動(PTLE)が有効な手段として提案されている.
大腿四頭筋腱・膝蓋腱断裂に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 大堀 智毅
大腿四頭筋腱・膝蓋腱断裂術後の修復部治癒と膝関節機能回復のバランスを見ながら,慎重に進めていくリハビリテーションプロトコルの詳細を細かく述べる.
膝蓋骨脱臼に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療
佐々木英嗣ほか
若年者の膝蓋骨脱臼に対しては,解剖学的素因を考慮し手術治療か保存治療が選択され,両者ともスポーツ復帰に向けては十分な患者教育とリハビリテーションが必要である.
膝離断性骨軟骨炎のスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 亀井 豪器ほか
離断性骨軟骨炎(OCD)に対する特殊なリハビリテーションはなく,スポーツ復帰に向けてのリハビリテーションは,病変部の骨癒合・軟骨成熟を経時的に評価し,段階を追って進めていくことが重要である.
成人の膝関節軟骨損傷に対するスポーツ復帰を目指したリハビリテーション治療 大関 信武ほか
軟骨修復組織の治癒過程を考慮したリハビリテーションプログラムを組み,運動の定性的評価と下肢機能の定量的評価を基準にスポーツ復帰を目指す.
膝関節軟骨損傷に対する多血小板血漿(PRP)治療におけるスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 小倉 誉大
多血小板血漿(PRP)療法の目的は硝子軟骨の修復を望むものではなく,関節内の炎症を抑えることで,疼痛を主体とした症状を改善することである.
変形性膝関節症保存治療におけるスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 小林  秀
変形性膝関節症(膝OA)患者のスポーツ復帰については,競技種目ごとの膝の負担などを考慮し,慎重に行う必要がある.
膝周囲骨切り術におけるスポーツ復帰を目指したリハビリテーション診療 中山  寛ほか
膝周囲骨切り術(AKO)後の早期スポーツ復帰に向けて,筋力トレーニング,関節可動域練習,患者教育の工夫などについて現状と課題を述べる.
人工膝関節術後のスポーツ活動とリハビリテーション治療
佐藤  慧ほか
術前後のリハビリテーションと整形外科医による手術の工夫や疼痛管理の組み合わせにより,術後の良好な膝関節機能の獲得を目指すことがスポーツ復帰に肝心である.

関連書籍

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 289 リハビリテーション診療に必要な動作解析<増刊号>宮野佐年/編
ISBN:978-4-86519-491-3 C3047
定価:5,500円(税込み)

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション) 280 運動器の新しい治療法とリハビリテーション診療<増大号>平泉 裕/編
ISBN:978-4-86519-482-1 C3047
定価:4,400円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 37/5 医師とセラピストをつなぐスポーツエコー活用
web動画付 <増大号>
岩本 航/編
定価:6,270円(税込み)

動画

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 37/3 肘離断性骨軟骨炎―各種治療法の現状と課題―松浦哲也/編
定価:2,750円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 37/2 私の膝外来―エキスパートの診察室―石川正和/編
定価:2,750円(税込み)

運動器臨床解剖学―チーム秋田の「メゾ解剖学」基本講座― 改訂第2版 秋田恵一・二村昭元/編
ISBN:978-4-86519-825-6 C3047
定価:6,490円(税込み)

ページトップへ