ホーム > 

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 96

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 96

異 物-初期対応から摘出まで-

土井勝美/編

978-4-88117-444-9 C3047

2008年12月

en0096

定価2,592円(税込み)

目次

耳鼻咽喉科領域の異物―的確な診断― 佐野 光仁
耳鼻咽喉科領域の異物症のうち食道異物症,気道異物症の対応は迅速かつ的確に.
耳鼻咽喉科領域の異物―迅速な救急対応― 中島 寅彦ほか
耳鼻咽喉科領域の異物症例に対する対応の留意点,特に救急対応,高次医療機関紹介が必要と考えられる場合について概説した.
耳鼻咽喉科領域の異物―摘出術の実際― 渡邉 暢浩ほか
耳鼻咽喉科領域の異物摘出術も診療機器の進歩により,より安全で開かれたものになってきたが,異物の種類や形状,性状などにより最適な方法を選択することが重要である.
耳鼻咽喉科領域の異物―小児例の特徴― 工藤 典代
小児期の異物は子どもが症状を訴えないことから診断に時間がかかることが多い.常に異物を念頭に,早期診断・早期摘出を心掛ける.予防には継続的な教育・啓蒙が重要である.
耳鼻咽喉科領域の異物―成人例の特徴― 田村 公一ほか
耳鼻咽喉科領域の異物症で,部位別にみて成人に多い種類,診断および治療法について概説した.
外耳道異物症の臨床像の特徴について 和田伊佐雄ほか
22年間の外耳道異物について新患患者に占める割合,年度別分布,受診時間帯,性別,左右別,月別年齢別,種類について臨床像の特徴について述べる.
鼻・副鼻腔異物 肥塚  泉ほか
鼻腔異物は,そのほとんどが幼小児例である.幼小児の場合は,患児自身が興味本位に異物を鼻腔内に挿入して生じることが多い.異物の除去は比較的簡単である.成人の場合は,事故や医原性のものが多い.上顎洞に多く,篩骨洞がこれに続く.原因としては外傷,歯科治療による医原性のものが多い.異物の種類によっては発見が遅れる場合がある.
咽頭・喉頭の異物 白崎  隆ほか
咽喉頭異物の診療では,異物の有無,全身麻酔の適応などの判断を時間外で一人の医師に委ねられる場合があるため,まだ経験の少ない医師であっても,習熟しておく必要がある.
気道の異物 香取 幸夫ほか
小児および成人の気道異物について診断と治療法を記述した.病歴・聴診から気道異物が疑われる場合,窒息や呼吸障害のリスクを常に念頭において,速やかに気管支鏡検査・異物摘出を行うことが重要である.
食道の異物 田中 信三
食道異物の硬性鏡による摘出では頭位操作が重要であり穿孔に留意する.術後は頸部痛と発熱に注意し,食道周囲炎や縦隔炎があれば速やかにドレナージ手術を行う.

関連書籍

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 112 耳鼻咽喉科クリニックで必要な感染対策市村恵一/編
ISBN:978-4-88117-801-0 C3047
定価:2,700円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 113 耳鼻咽喉科外来診療-私の工夫-<増刊号>髙橋晴雄/編
ISBN:978-4-88117-802-7 C3047
定価:5,832円(税込み)

すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ

肥塚 泉/編
ISBN:978-4-88117-044-1 C3047
定価:10,800円(税込み)

ページトップへ