ホーム > 

PEPARS(ペパーズ) 94

PEPARS(ペパーズ) 94

露出部深達性熱傷・後遺症の手術適応と治療法

横尾和久/編

978-4-88117-543-9 C3047

2014年10月

pe0094

定価3,300円(税込み)

カートに追加

目次

広範囲熱傷における顔面深達性熱傷の治療戦略 櫻井 裕之ほか
顔面深達性熱傷を伴う広範囲熱傷患者は,気道熱傷合併例が殆どであり,重症度が極めて高い.急性期の気道確保,呼吸管理,蘇生輸液,循環管理が救命のために不可欠であることは勿論であるが,同時に救命後の社会復帰を視野に入れた場合,顔面深達性熱傷に対して確たる戦略を持って形成外科医が治療に介入することも極めて重要である.
口唇部熱傷瘢痕の植皮による再建 冨士森良輔
移植皮膚はベッドのシーツのようなものである.しかししわにしてはいけない.顔面下口唇の植皮はそれからである.朱唇の突き出し,頤唇溝や口角のくぼみ,そしてもともと難工事の開口制限をいかに対処するか,課題は多い.
顔面・頚部の薄い皮弁による再建の最新知見 小川  令ほか
顔面・頚部の熱傷再建では,繊細な動きを可能にする機能的再建と,美容的再建の2つが高度に要求される.再建のデザインには,ファンクショナルユニットを考慮し,各種再建方法を選択すると良い.
耳介の新鮮熱傷および熱傷後変形に対する治療方針
須貝明日香ほか
熱傷耳介の初期治療では短時間で容易な手技で行える再建が求められ,また熱傷後変形では,患者のニーズに合わせて合併症の少ない術式を選択することが重要である.本稿では,初期治療における露出軟骨の被覆方法,およびその後の耳介変形の分類や再建法について述べる.
頭部深達性熱傷・後遺症の手術法 磯野 伸雄ほか
頭皮熱傷は毛髪を考慮し,まず保存的治療を行う.瘢痕や植皮,皮弁再建により禿髪を生じた場合の有毛部再建はTissue expanderが最も良い適応である.
手部深達性熱傷の治療方針―広範囲熱傷合併例も含めて― 久徳 茂雄ほか
手の熱傷は特殊部位熱傷の一つであり,治療結果は,機能的にも整容的にも重要な問題となるため,初療時から継続的な集学的管理を要する.広範囲熱傷の部分熱傷であっても可能な限り,より早期に外科治療を行うべきである.
小児手部深達性熱傷の治療戦略 迎  伸彦ほか
手熱傷の特徴をまず理解する.文献で勧めた総説は必読し,さらに小児手熱傷の特徴を記載した部分を熟読,理解する.小児深達性手熱傷においても画一的な治療方針でなく症例に応じた柔軟な治療戦略が必要であることを理解する.長期予後を計画した治療戦略が必要である.
手背深達性熱傷の皮弁による再建 平松 幸恭ほか
手背の深達性熱傷の再建の術式として遊離皮弁術について呈示した.薄い皮弁は機能的にも整容的にも予後が良好である.
Dorsal Eponychial Flapを用いた爪周囲の熱傷後遺症の再建 西堀 公治ほか
手指の熱傷での後爪郭再建は,他の手指機能治療に比べて後回しにされがちである.指尖後爪郭は皮膚が薄く,瘢痕内に皮弁を挙上する際は極めて愛護的な手術操作が必要である.
基礎疾患を持つ下肢・足部露出部深達性低温熱傷に対する治療戦略 安田 聖人ほか
糖尿病性末梢神経障害と末梢血流障害を原因として発生する下肢の低温熱傷は,糖尿病足病変の一つと言える.我々は糖尿病足病変に対する治療アルゴリズムを用いて治療戦略を立てている.

関連書籍

PEPARS(ペパーズ) 64 いかに皮弁をきれいに仕上げるか―私の工夫―村上隆一/編
ISBN:978-4-88117-513-2 C3047
定価:3,300円(税込み)

PEPARS(ペパーズ) 47 熱傷の初期治療とその後の管理の実際仲沢弘明/編
ISBN:978-4-88117-496-8 C3047
定価:3,300円(税込み)

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻

中島龍夫・百束比古/編
ISBN:978-4-88117-051-9 C3047
定価:13,200円(税込み)

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻

百束比古・中島龍夫/編
ISBN:978-4-88117-052-6 C3047
定価:13,200円(税込み)

ページトップへ