ホーム > 

PEPARS(ペパーズ) 76

PEPARS(ペパーズ) 76

Oncoplastic Skin Surgery―私ならこう治す!

山本有平/編

978-4-88117-525-5 C3047

2013年4月

pe0076

定価3,300円(税込み)

目次

頭部の皮膚悪性腫瘍 元村 尚嗣
Oncoplastic surgeryが最も必要なもののひとつが頭部皮膚悪性腫瘍の治療である.症例を提示し,Oncoplastic surgeryに沿った頭部皮膚悪性腫瘍の治療について解説する.
眼瞼の皮膚悪性腫瘍
岡田 恵美ほか
眼瞼は特殊な構造を呈することより再建を困難とする要素が多い.眼瞼欠損部をzone別に捉え,個々の区分に従った再建法を選択するアプローチ法は有用と考えられる.
内眼角の皮膚腫瘍 林  礼人ほか
内眼角部に生じる皮膚腫瘍とその再建について,自験例で検討を要した症例や手法を中心に,腫瘍に関するoncologicalな側面と内眼部に特有な涙道再建も含めたreconstructiveな側面について解説した.
外鼻皮膚腫瘍 寺師 浩人
外鼻は顔面中央に位置し,3次元構造を持つ呼吸機能器官である.良性腫瘍として母斑,悪性腫瘍として基底細胞癌の好発部位であり,腫瘍の性質を考慮しながら切除し再建する必要がある.
耳介の皮膚腫瘍 漆舘 聡志ほか
後耳介皮弁,耳甲介軟骨皮膚弁を用いた耳介再建について述べた.本法は整容的にも良好で,形態維持のための支持力も十分であり,耳介再建に有用である.
頬部原発の黒色腫:整容面を考慮したOncoplastic Surgery 古川 洋志ほか
原発巣切除から所属リンパ節の評価・治療と再建を一連の治療として計画し実行するOncoplastic surgeryの概念は,露出部位において重要と考える.
頬の皮膚腫瘍 中村 泰大
頬部に生じる皮膚悪性腫瘍と切除後の再建法について,各悪性腫瘍の特性や病理組織の見地から,切除範囲と低侵襲な皮弁による再建につき述べる.
会陰部に生じた皮膚悪性腫瘍切除後の再建 松下 茂人
『Oncoplastic Skin Surgery』の観点からの,陰茎・陰嚢部,女性外陰部,肛門部,小骨盤腔合併切除後の再建について,具体例を提示しながら詳述する.
母指の皮膚腫瘍―機能と整容に配慮した切除と再建― 田中 克己ほか
母指の皮膚腫瘍では,腫瘍の制御,母指の機能および整容面での維持・回復がすべて得られるような治療を目指すべきである.
足底の皮膚腫瘍―切除法と再建法― 橋本 一郎ほか
足底腫瘍切除に際しての治療戦略と足底の再建方法,および術後の後療法と靴装具について記載した.足底の皮膚構造とその機能を知り,薄い皮弁で形態を整えることが望ましい.

関連書籍

PEPARS(ペパーズ) 64 いかに皮弁をきれいに仕上げるか―私の工夫―村上隆一/編
ISBN:978-4-88117-513-2 C3047
定価:3,300円(税込み)

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻

中島龍夫・百束比古/編
ISBN:978-4-88117-051-9 C3047
定価:13,200円(税込み)

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻 PEPARS(ペパーズ)誌5周年記念書籍!

使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻

百束比古・中島龍夫/編
ISBN:978-4-88117-052-6 C3047
定価:13,200円(税込み)

ページトップへ