ホーム > 

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 145

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 145

耳管開放症は耳管狭窄症とどう違うのか?

小林俊光/編

978-4-88117-834-8 C3047

2012年9月

en0145

定価2,700円(税込み)

カートに追加

目次

耳管開放症と耳管狭窄症の診断:私はこうしている 山本  裕
耳管開放症と耳管狭窄症の鑑別には,問診(症状と増悪・軽快因子),鼓膜所見,耳管機能検査所見などを総合的に判断することが重要である.
耳管開放症と耳管狭窄症の診断:私はこうしている
多田 直樹
耳管開放症,耳管狭窄症の診断は詳細な問診と各種検査により大半は可能である.ただ中には診断に様々な工夫が必要な症例もあり,また経過により診断を見直す必要性が生じる場合もある.
耳管開放症と耳管狭窄症の画像診断 吉田 晴郎ほか
耳管の画像診断にはCTとMRがあり,耳管開放症では内腔の開存範囲が正常群よりも有意に長く,耳管狭窄症では耳管骨部全長での骨枠狭小化および耳管内腔の軟部組織腫脹が認められる.
耳管開放症と鑑別すべき疾患 小林 俊光ほか
耳管狭窄症,低音障害型感音難聴,上半規管裂隙症候群と誤診されやすい.また,慢性中耳炎,真珠腫,耳硬化症などにも隠蔽性耳管開放症,鼻すすり型耳管開放症がある.
鼻すすり型耳管開放症と耳管狭窄症の鑑別 菊地 俊晶
滲出性中耳炎などの鼓膜陥凹疾患を認めた時に,鼓膜所見のみで「耳管狭窄症」あるいは「耳管開放症」と判断することは不可能である.「鼻すすり癖」の確認が重要である.
中耳真珠腫―耳管病態は耳管開放症か? 耳管狭窄症か?― 大田 重人ほか
中耳真珠腫手術症例を対象に,耳管機能検査や耳管開放症による鼻すすり癖の有無を調査した.耳管機能障害が真珠腫形成や術後再陥凹に関与していると示唆される.
耳管狭窄症の特殊病態:コレステリン肉芽腫の診断と治療 高橋 晴雄
中耳コレステリン肉芽腫は中耳疾患の中でも独特の病因,病態を持つため,その治療に当たってはそれらを考慮して方針を決定することが肝要である.
耳管開放症と耳管狭窄症の治療:私はこうしている 山口 展正
耳管開放症に対しては試験的に耳管咽頭口を閉鎖し,生理食塩水の点鼻療法,生活指導を行っている.耳管狭窄症の治療は対症療法が主体となるが,開放症と狭窄症とを明確に区分できない症例が多く,その病態を把握して対応,治療するのがよい.
耳管開放症と耳管狭窄症の治療:私はこうしている 大島 昭夫
重症度I~IIIに分類し,I度のものについて耳管内薬液注入を行った.薬液の調合,耳管内注入法を詳述した.
耳管開放症と耳管狭窄症の治療:私はこうしている 守田 雅弘
保存的治療として薬物治療を行い,治りにくい症例には,処置よりも手術的治療を勧めている.人工耳管,耳管鼓膜チューブは改良により様々な耳管病変に対応可能となった.

関連書籍

すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ

肥塚 泉/編
ISBN:978-4-88117-044-1 C3047
定価:10,800円(税込み)

耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル 耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル本庄  巖
市川銀一郎/編
ISBN:978-4-88117-057-1 C3047
定価:7,560円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 139 耳鼻咽喉科における抗ウイルス薬・ステロイドの効果的処方 <増大号>氷見徹夫/編
ISBN:978-4-88117-828-7 C3047
定価:5,184円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 119 耳閉塞感の診断と治療井上泰宏/編
ISBN:978-4-88117-808-9 C3047
定価:2,700円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 107 すぐに役立つ耳鼻咽喉科臨床検査<増大号>岡本牧人/編
ISBN:978-4-88117-796-9 C3047
定価:5,184円(税込み)

ページトップへ