ホーム > 

PEPARS(ペパーズ) 184

PEPARS(ペパーズ) 184

局所皮弁デザイン―達人の思慮の技―

楠本 健司/編

978-4-86519-384-8 C3047

2022年4月

pe0184

定価3,300円(税込み)

カートに追加

あ、届かない…。なんて経験ありませんか?基本手技でありながら奥深い局所皮弁のデザインのコツとpitfallをまとめました!

Z形成術、VY形成、YV形成、前額皮弁、rhomboid flap、頭部・顔面部に有用な各種の局所皮弁基礎をもう一度総復習!
手術を成功に導き、さらにもう一歩きれいに仕上げるための、達人のポイントがつまっています!

目次

Z形成術とその変法と応用 鈴木茂彦
Z形成術は形成外科の基本的手技であるが,バリエーションが多く奥が深い.種々のバリエーションやYV形成術など他の術式を理解した上で,症例に応じた術式の選択が必要である.
Y-V形成術,5-flap Z形成術,4-flap Z形成術と応用 田中克己
前進皮弁とZ形成術の応用である各種形成術を用いる際には,原理を正しく理解し,適応することで効果的な結果が得られる.
V-Y advancement flapとその応用 小川 令
V-Y advancement flapは作図が容易で,手術手技も簡易であり,組織欠損を被覆するのに便利な皮弁である.しかし,島状皮弁であることが多いため皮弁の全周が瘢痕となる欠点もある.V-Y皮弁の利点と欠点を理解し,適材適所で工夫しながら利用することが大切である.
Rhomboid皮弁とその類型皮弁の応用 元村尚嗣
①Rhomboid皮弁を理解するためには,Z形成術を知るべきである.
②Rhomboid皮弁はdonorを閉鎖することで成立する皮弁である.
③Limberg皮弁,Dufourmentel皮弁などの特徴について理解するべきである.
④鼻翼を除く鼻部~頬部はrhomboid皮弁のよい適応部位であり,下腿などではRhomboid-to-W皮弁がよい適応である.
正中部前額皮弁とその応用 尾﨑 峰
正中部前額皮弁は滑車上動脈を栄養血管とした軸走型皮弁である.そのため,血行の安定した自由度の高い皮弁の作成が可能であり,多様な鼻部再建のみならず,眼瞼部などの再建にも使用できる.
頬部,下眼瞼欠損に対する治療戦略―頬部回転皮弁―
平山晴之ほか
頬部回転皮弁は頬部および下眼瞼の再建に頻用される.回転皮弁の概念,頬部回転皮弁の適応,unit原理,手術方法,合併症,頬部回転皮弁を用いた種々の再建について述べる.
鼻唇溝皮弁とその応用 美馬俊介ほか
鼻唇溝皮弁の基本的な挙上方法についてまとめ,様々な欠損への応用については症例を提示して解説する.整容的に良好な結果を得るための工夫やポイントを記載した.
眼瞼の各種交叉皮弁と応用 栁澤大輔ほか
筆者が行っている上眼瞼の全層欠損の再建について写真を提示しながら解説し,各種の交叉皮弁を用いた再建方法について述べる.
口唇の各種交叉皮弁と応用 三川信之ほか
上下口唇の血流を含めた解剖を基盤とした口唇交叉皮弁について,Abbe皮弁など口唇全層の典型的な皮弁のデザイン,皮弁の挙上と移動,術後ケアなどを概説する.さらに交叉粘膜弁や分層口唇交叉皮弁など種々多様な変法に関しても一部言及する.
頭皮の再建における各種局所皮弁とその応用 真田武彦ほか
頭皮の再建に用いられる各種の局所皮弁の適応について述べた.このうち,菱形皮弁,回転皮弁,横転皮弁について解説した.

ページトップへ