ホーム > 

PEPARS(ペパーズ) 157

PEPARS(ペパーズ) 157

褥瘡治療のアップデート

石川 昌一/編

978-4-86519-357-2 C3047

2020年1月

pe0157

定価3,300円(税込み)

カートに追加

営業日内ではすぐに発送いたします!

褥瘡治療の決定版!キホンとアップデートを1冊にまとめました!!
診療の手元において、困った時に開きたい1冊です。

目次

褥瘡の評価法
仲上豪二朗ほか
褥瘡の評価について,DESIGN-R®による肉眼的評価,超音波画像装置,赤外線サーモグラフィ,バイオフィルム迅速検出ツールを用いた方法を紹介した.
褥瘡の保存的治療―外用薬と創傷被覆材の使い方― 藪野雄大ほか
褥瘡治療における外用薬と創傷被覆材の使い方について総論的に解説した.各外用薬,各創傷被覆材の特性を知り,創部のアセスメントをTIME理論,DESIGN-R®を用いて行った上で治療に役立てたい.
褥瘡の抗菌薬 野崎由迅ほか
褥瘡の感染症とは何かということから始まり,症状,原因微生物,診断,そして治療を見ていくことで,感染症診療全体の流れをつかむ.
褥瘡の局所陰圧閉鎖療法 桒水流健二ほか
本稿では,褥瘡の局所治療におけるNPWT導入の判断や,NPWT・NPWTi-d・NPWTciそれぞれの適用についての考え方,我々が行っている小工夫などについて述べる.
日常診療で役立つ褥瘡のデブリードマン 匂坂正信ほか
感染の有無と治療介入した場合のゴール設定の2つの観点から,どのような場合がデブリードマンの適応となるか,また状況に応じた具体的なデブリードマンの方法と工夫について解説した.
褥瘡の再建手術 石川昌一ほか
本稿では仙骨部,坐骨部,大転子部の褥瘡に対する再建手術としてわれわれが常用している穿通枝皮弁について述べる.
高齢者の褥瘡治療における手術適応や周術期管理,再発予防 池田佳奈枝ほか
手術・麻酔は高齢者に多大な侵襲を加えるが,チーム医療により安全な手術が可能となり,合併症に対する様々な工夫により治癒率も向上する.終末期医療も念頭に治療を行う必要がある.
リハビリテーションの場における褥瘡再発予防シーティングクリニック 新妻淳子
褥瘡の治療と再発予防のシーティングクリニックのリハビリテーションにおける役割と,その実践について紹介する.
褥瘡治療におけるチーム医療 栗原 健ほか
褥瘡を効果的に治療し,再発させない環境を作るためにはチーム医療が必要不可欠である.

ページトップへ