ホーム > 

PEPARS(ペパーズ) 154

PEPARS(ペパーズ) 154

形成外科におけるエコー活用術

副島 一孝/編

978-4-86519-354-1 C3047

2019年10月

pe0154

定価3,300円(税込み)

カートに追加

最も簡便に・無侵襲でできる画像診断である超音波検査をもっと活用してみませんか?
形成外科の様々な疾患での活用のコツをエキスパートが伝授!明日からの診療にすぐに役立つ1冊です!

目次

皮弁術における術前・術中エコー活用術 佐次田保徳
カラーモードで表示される赤信号は,白黒の画像による表示へ,ドプラの法則で算出されたプローベ方向分の流速の和が赤信号として後から貼り付けられているにすぎない.直接血管径を反映していない.
遊離皮弁術後モニタリングにおけるエコー活用術 荻野晶弘ほか
ポータブルエコーを用いた遊離皮弁移植後のモニタリングは,経験の浅い医師や看護スタッフでも簡単にベッドサイドで吻合部の開存確認が行え,術後の血管閉塞の早期発見に有用である.
皮膚・皮下腫瘍診断におけるエコー活用術 山本洋輔
皮膚腫瘍診断における体表エコーは,皮膚,皮下腫瘍の性状から診断を得るのみならず,悪性腫瘍においては腫瘍の大きさ,位置,周辺組織との関係を確認することにより術式決定にも有用である.
ケロイド・肥厚性瘢痕の診療におけるエコーの活用 綾 梨乃
ケロイド・肥厚性瘢痕の客観的評価法としてエコーは有用である.エコーでは客観的,かつ正確に病変の評価ができ,治療効果判定や患者への説明にも利用できる.
血管腫・血管奇形の治療におけるエコー活用術 尾崎 峰
エコーは血管腫・血管奇形の治療において,初診時から実際の治療時まで常に必要となる医療機器である.治療にあたって活用方法を十分に理解している必要がある.
下肢血管評価におけるエコー活用術 此枝央人
下肢静脈および動脈のエコーを用いた評価方法について記載した.静脈疾患の治療のみならず血管の評価として様々な場面で役立つため機会があれば是非習得してもらいたい.
鼻骨骨折整復時のエコー活用術 貝田 亘ほか
今まで手探りで行われていた鼻骨骨折整復を,エコーで可視化することで良好な治療成績を得られるようになった.これまで報告されたエコーの使用方法および新製品について述べる.
頬骨骨折術中のエコー活用術 樫村 勉ほか
超音波診断装置により整復位を確認する頬骨骨折の我々の手術術式について,適応・手術方法・エコーの使用方法について詳述する.
インプラントによる乳房再建術後管理におけるエコー活用術
加藤千絵子ほか
超音波によるブレスト・インプラント検査のスクリーニングおよび破損による画像所見,検査を行う際の注意点を記載する.
光音響イメージング法を用いた熱傷深度診断と移植皮膚生着評価 角井泰之ほか
光照射によって発生する超音波を用いたイメ―ジング法(光音響イメージング法)の熱傷深度診断および移植皮膚生着評価への応用について,筆者らが行ってきた基礎研究,そして橋渡し研究について紹介する.

ページトップへ