ホーム > 

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 30/7

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 30/7

足関節外側靱帯損傷をどう診るか

仁木 久照/編

2017年7月

or3007

定価2,484円(税込み)

カートに追加

目次

現状の問題点とトピックス 栃木 祐樹
足関節外側靱帯損傷に対する保存療法の限界と外科的1次修復術の適応を明確にするための臨床研究を効果的に行うためには,まず新鮮損傷が慢性靱帯不全につながるリスク因子の解明が必要である.
残存靱帯をどう診るか―超音波診断― 笹原  潤ほか
残存靱帯の画像診断におけるポイントは,その性状と不安定性の評価である.現在の超音波検査では,前距腓靱帯の評価は可能となった一方で,距腓靱帯の評価は難しい.いまだ課題が山積しており,今後さらなる進歩が期待される.
残存靱帯をどう診るか―MRI― 橘川  薫ほか
前距腓靱帯,踵腓靱帯損傷の補助診断としてMRIが施行されることがある.MRI撮影にあたっては,断層面の設定がポイントのひとつである.MRI正常像と靱帯損傷でみられる様々な所見について述べる.
残存靱帯をどう診るか―徒手検査と鏡視― 平野 貴章
足関節外側靱帯損傷は,足関節の内がえしにより受傷することが多く,また解剖学的特徴から前距腓靱帯や踵腓靱帯損傷の合併損傷を認めることも多い.靱帯損傷を評価するにあたり,有効なストレスをかけることにより診断することができる.
保存療法と手術療法をどう使い分けるか 吉村 一朗
新鮮足関節外側靱帯損傷と陳旧性足関節外側靱帯損傷における保存療法と手術療法の選択について述べる.
直視下手術と鏡視下手術をどう使い分けるか
松井健太郎ほか
両者の使い分けに関する明確なコンセンサスはない.これまでの報告の結果と鏡視下手術のピットフォールを理解したうえで,使い分けを考える.
A-AntirollとP-Antirollをどう使い分けるか 高尾 昌人
P-Antirollのほうが手術の難易度は低いが,関節内合併病変を同時に治療しなければならない例ではA-Antirollのほうが少ないポータル数で手術を行うことができる利点を有す.
小児足関節外果裂離骨折の評価および治療 森本 将太ほか
整形外科外来で診療する頻度の高い小児足関節捻挫,特に足関節内反捻挫による足関節外果裂離骨折についての疫学,病態,診断,治療,手術方法について述べる.
足関節外側靱帯損傷の診断と治療の将来展望―我々はどこを目指すべきなのか? 大関  覚
損傷診断には超音波画像が,低侵襲治療には鏡視下手術が有力な技術である.靱帯再建術には,正確な解剖学の知識が必須で,さらなる基礎研究が重要である.

関連書籍

足育学 外来でみるフットケア・フットヘルスウェア 高山かおる/編
ISBN:978-4-86519-254-4 C3047
定価:7,560円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 30/5 整形外科治療スキルアップ22<増大号>山田 治基/編
定価:4,860円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 29/4 外反母趾の治療 最前線佐本 憲宏/編
定価:2,484円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 28/3 整形外科外来のフットケア原口 直樹/編
定価:2,484円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 27/12 足部疾患の画像診断―撮りかた・見かたのコツ―杉本 和也/編
定価:2,376円(税込み)

絵でみる最新足診療エッセンシャルガイド 絵でみる最新足診療エッセンシャルガイド

高尾昌人/編
ISBN:978-4-88117-055-7 C3047
定価:7,560円(税込み)

こどものスポーツ外来‐親もナットク!このケア・この説明‐ 田中康仁・笠次良爾/編
ISBN:978-4-86519-211-7 C3047
定価:6,912円(税込み)

カラーアトラス 爪の診療実践ガイド 安木良博・田村敦志/編
ISBN:978-4-86519-220-9 C3047
定価:7,776円(税込み)

ページトップへ