ホーム > 

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 149

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 149

小児の花粉症

岡本美孝/編

978-4-88117-838-6 C3047

2013年1月

en0149

定価2,700円(税込み)

目次

小児と成人の花粉症への対応の差 増田佐和子
小児の花粉症診療は患児と保護者が対象であり,キーパーソンは保護者だが主体は患児である.保護者の協力のもとで患児も成長に応じて疾患を理解し自己管理できるよう指導する.
小児花粉症の疫学 寺田 哲也
花粉症は他のアトピー性疾患に比較し,自然寛解することは容易ではなく,小児期における感作の予防,または感作から発症への予防が重要になると思われた.
小児アレルギー性鼻炎の増加の原因 大澤 陽子ほか
アレルギー性鼻炎の発症には,遺伝要因と環境要因の2つが関係している.遺伝子検索として遺伝子多型が調べられ,環境要因として衛生仮説を裏付ける自然免疫の解明が行われている.
小児花粉症の自然経過 櫻井 利興
花粉症の自然改善率は低いことが知られている.小児花粉症が年齢と共にどのような経過をたどるのか,小児通年性アレルギー性鼻炎との比較を中心に検討した.
小児花粉症の診断 後藤  穣
小児では成人の診断基準をそのまま適応することに限界もあるので,鼻内所見やアレルギー検査所見だけでなく,保護者からの問診やアレルギー性鼻炎特有な行動や動作を参考に診断する.
小児花粉症の薬物治療 太田 伸男
小児アレルギー性鼻炎では鼻閉が多いが,くしゃみ・鼻漏型か鼻閉・充全型なのか病型と重症度に応じた薬物選択をすることが重要である.
小児花粉症の免疫療法 堀口 茂俊
皮下免疫療法は鼻症状を改善し,薬物の使用量も抑制し,長期間の効果の持続が認められる.一方,全身性の副作用の危険があるため適切な対応が可能な施設で行う.
小児花粉症の予防,早期介入 増山 敬祐
二次介入としての免疫療法の役割や特徴,また三次介入としての薬物による初期療法の意義と鼻噴霧用ステロイド薬の位置づけについて概説した.
小児花粉症での代替医療 米倉 修二ほか
代替医療の多くは,その有効性が科学的に評価されておらず,患者には標準治療を受けずに代替医療に頼ることは適切ではないことを理解してもらうことが重要である.
小児花粉症と他のアレルギー疾患との関連 徳山 研一
小児の花粉症では他のアレルギー疾患の合併も多い.アレルギー疾患の予防・進展阻止の面から,小児のアレルギーに対してはトータルケアが重要である.

関連書籍

すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ

肥塚 泉/編
ISBN:978-4-88117-044-1 C3047
定価:10,800円(税込み)

耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル 耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル本庄  巖
市川銀一郎/編
ISBN:978-4-88117-057-1 C3047
定価:7,560円(税込み)

小児の睡眠呼吸障害マニュアル 宮崎総一郎・千葉伸太郎・中田誠一/編
ISBN:978-4-88117-064-9 C3047
定価:7,560円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 140 耳鼻咽喉科外用薬update山本昌彦/編
ISBN:978-4-88117-829-4 C3047
定価:2,700円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 139 耳鼻咽喉科における抗ウイルス薬・ステロイドの効果的処方 <増大号>氷見徹夫/編
ISBN:978-4-88117-828-7 C3047
定価:5,184円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 131 耳鼻咽喉科領域のウイルス・細菌・真菌感染症治療戦略<増刊号>洲崎春海/編
ISBN:978-4-88117-820-1 C3047
定価:5,832円(税込み)

ページトップへ