ホーム > 

匠に学ぶ皮膚科外用療法―古きを生かす、最新を使う―

匠に学ぶ皮膚科外用療法―古きを生かす、最新を使う―

上出 良一/編

978-4-88117-061-8 C3047

2012年2月

0045

定価7,020円(税込み)

カートに追加


ご注文後、営業日内であれば、すぐに発送させていただきます


Monthly Book Derma誌15周年記念書籍!

たとえ時代が変わろうとも伝えていかなければならない、皮膚科外用療法の「匠の技」
を解りやすく伝授!

目次

Ⅰ.ガイドラインの行間を読む
 1.アトピー性皮膚炎の外用療法 佐伯 秀久
 2.接触皮膚炎の外用療法 横関 博雄
 3.乾癬の外用療法 照井  正
 4.挫瘡の外用療法 赤松 浩彦
 5.脱毛症の外用療法 板見  智
 6.多汗症の外用療法 藤本 智子
 7.疥癬の外用療法 石井 則久
四津 里英
 8.真菌症の外用療法 五十棲 健
 9.皮膚悪性腫瘍の外用療法 竹之内辰也
 10.褥瘡の外用療法 立花 隆夫
 11.ケミカルピーリング 山本 有紀
Ⅱ.伝えておきたい外用療法のコツ
 1.湿疹・皮膚炎群(アトピー性皮膚炎,接触皮膚炎以外)の外用療法 末木 博彦
 2.皮膚掻痒症,痒疹 石黒 直子
 3.炎症性・遺伝性角化症(乾癬を除く) 三橋善比古
 4.色素異常症 林  昌浩
鈴木 民夫
 5.皮膚細菌・ウイルス感染症 奥村 陽子
清島真理子
 6.真菌感染症 丸山 隆児
 7.動物性皮膚症 夏秋  優
 8.皮膚潰瘍 田村 敦志
 9.熱傷の局所療法 臼田 俊和
 10.爪疾患,鶏眼・胼胝 ―ケアも含めて― 加藤 卓朗
 11.口腔粘膜疾患 日野 治子
 12.美白治療 川田  暁
 13.小児における外用療法の留意点 山本 一哉
 14.高齢者における外用療法の留意点 種井 良二
 15.妊婦における外用療法の留意点 山名やよい
川上 理子
 16.在宅医療における外用療法 袋  秀平
 17.外用療法における看護師の技 佐藤 博子
 18.患者からみた外用療法 ―アトピー性皮膚炎患者への外用指導(NPO法人日本アレルギー友の会より)― 丸山 恵理
Ⅲ.これからの外用療法のために
 1.ステロイド外用薬開発の歴史 武田 克之
 2.「脱ステロイド」とは ―その本質は― 藤澤 重樹
 3.「脱ステロイド」の残したもの 幸野  健
 4.ステロイド外用療法 ―患者指導のコツ― 加藤 則人
 5.アトピー性皮膚炎治療におけるステロイド外用節約レジメについて 窪田 泰夫
 6.外用薬 ―何倍まで薄めていい?― 大谷 道輝
 7.ステロイド外用療法再考 塩原 哲夫
 8.乾癬治療の歴史 清水 正之
 9.日本の外用療法はこれでいいのか! 渡辺 晋一
 10.ジェネリック外用薬をどう考えるか? 小澤  明
 11.スイッチOTCをどう考えるか? 横関 博雄
 12.外用薬の可能性 ―カルシニューリン阻害薬―
大槻マミ太郎
 13.外用薬の可能性 ―活性型ビタミンD3 今福 信一
中山樹一郎
 14.外用薬の可能性 ―イミキモド― 石地 尚興
 15.新規抗炎症薬への期待 ―NFκBデコイDNAを利用したアトピー性皮膚炎治療薬開発― 玉井 克人

関連書籍

Monthly Book Derma(デルマ) 132 最新外用薬治療戦略―私はこうしている―<増大号>上出良一/編
ISBN:978-4-88117-581-1 C3047
定価:5,076円(税込み)

腋臭症・多汗症治療実践マニュアル 細川 亙・坂井靖夫/編
ISBN:978-4-88117-062-5 C3047
定価:5,832円(税込み)

すぐに役立つ日常皮膚診療における私の工夫 すぐに役立つ日常皮膚診療における私の工夫

編集企画/宮地良樹
ISBN:978-4-88117-034-2 C3047
定価:10,800円(税込み)

Monthly Book Derma(デルマ) 151 新しい皮膚科検査法 実践マニュアル<増刊号>古江増隆/編
ISBN:978-4-88117-600-9 C3047
定価:5,832円(税込み)

Monthly Book Derma(デルマ) 140 皮膚疾患薬物療法 update<増大号>大槻マミ太郎/編
ISBN:978-4-88117-589-7 C3047
定価:5,076円(税込み)

Monthly Book Derma(デルマ) 177 わかりやすい! How to皮膚病理<増刊号>山元  修/編
ISBN:978-4-88117-626-9 C3047
定価:5,832円(税込み)

ページトップへ