ホーム > 

耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル

耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル

耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル

本庄  巖
市川銀一郎/編

978-4-88117-057-1 C3047

2011年4月

0041

定価7,560円(税込み)

カートに追加


ご注文後、営業日内であれば、すぐに発送させていただきます


2011年・日耳鼻総会(京都開催)にて当社No.1の売り上げ大好評書籍!!
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の新知識を判りやすく、かつ実地医療に重点をおきて解説する『Monthly Book ENTONI』誌が創刊10周年を迎えました。耳鼻咽喉科領域全般にわたる症状に対する鑑別診断、ベストな治療法、耳鼻咽喉科専門医として最小限必要な知識を取り入れた、まさに10周年にふさわしい内容となっている。

目次

I.耳
<耳痛・耳周囲痛>
   Q1  鼓膜切開はどの時期に行うべきか?
   Q2  鼓膜・外耳道に所見のない耳痛をどう考えるか?
   Q3  顎関節症にどう対処するか?

<耳 漏>
   Q4  ブロー液は耳漏に有効か?
   Q5  耳真珠腫の保存的治療はどこまで可能か?
   Q6  難治性中耳炎をどう治療するか?
   Q7  反復性中耳炎にどう対処するか?

<難 聴>
   Q8  滲出性中耳炎に抗菌薬は有効か?
   Q9  ステロイド依存性難聴ではいつまで投薬可能か?
   Q10 音響外傷は治療が必要か?
   Q11 どのような訴えの時に耳硬化症を疑うか?
   Q12 どのような時に心因性難聴を疑うか?
   Q13 原因不明の難聴とは?-特に auditory neuropathy について-

<新生児・乳幼児の難聴>
   Q14 先天性難聴が疑われる児への対応は?
   Q15 人工内耳手術の時期は?
   Q16 ムンプス難聴は治らないのか?

<耳 鳴>
   Q17 耳鳴に有効な薬物はあるのか?

<めまい>
   Q18 フラフラ感を訴える患者にどう対処するか?
   Q19 メニエール病と頭位変換めまいの違いは?
   Q20 めまいの性状差による治療法の差は?
   Q21 めまい患者にメイロン注射が有効なわけは?
   Q22 どのような訴えの時に外リンパ瘻を疑うか?

<耳閉塞感・自声強聴>
   Q23 耳管通気はどのような疾患に有効か?
   Q24 耳閉塞感の訴えをどう鑑別するか?
   Q25 耳管狭窄と耳管開放症はどう鑑別するか?

<顔面痛・頭痛>
   Q26 顔面痛と頭痛はどう鑑別するか?

<顔面神経麻痺>
   Q27 顔面神経麻痺は保存的治療で治るか? その限界は?
   Q28 Ramsay Hunt 症候群に対してステロイドを使ってよいか?

<補聴器>
   Q29 デジタル補聴器はどこが優れているのか?
   Q30 補聴器装用を勧める時期は?

<外耳道掻痒症>
   Q31 外耳道の湿疹と真菌症はどう鑑別するか?

II.鼻・副鼻腔
<鼻 閉>
   Q32 高度の鼻閉にどう対処するか?
   Q33 鼻ポリープをどう治療するか?

<鼻漏・後鼻漏>
   Q34 乳幼児の鼻漏にどう対処するか?
   Q35 鼻腔以外からの後鼻漏はあるか?

<鼻出血>
   Q36 止血操作上の注意は?
   Q37 どのような訴えの時に Wegener 肉芽腫を疑うか?
   Q38 どのような症状で inverted papilloma を疑うか?

<頬部,眼窩部,前頭部の痛み・腫脹,眼球突出>
   Q39 上顎洞穿刺洗浄の適応は?
   Q40 歯性上顎洞炎と上顎嚢胞の鑑別と治療は?

<嗅覚障害>
   Q41 嗅覚障害の原因は? またその治療は?

<アレルギー性鼻炎>
   Q42 花粉症の治療:薬物治療と手術治療はどう選択するか?
   Q43 アレルギー性鼻炎に対する減感作療法(抗原特異的免疫療法)は必要か?

<鼻骨骨折>
   Q44 鼻骨骨折の整復はどうするか?
   Q45 吹き抜け骨折(blowout fracture)における手術の適応は?

III.口 腔
<口腔(口腔底)の痛み(疼痛)・腫脹>
   Q46 治りにくい口腔アフタはどう治療するか?
   Q47 性病を疑わせる口腔内の所見とは?
   Q48 舌癌,特に早期癌を疑う所見は?
   Q49 舌小帯短縮症は手術が必要か?
   Q50 舌痛症にどう対処するか?

<味覚障害>
   Q51 味覚障害をどう治療するか?

<唾液分泌異常と口腔内乾燥症>
   Q52 口腔内乾燥症をどう治療するか?

<いびきと睡眠時無呼吸>
   Q53 睡眠時無呼吸症をどう治療するか?

IV.扁 桃
<扁桃の肥大,手術の適応>
   Q54 摘出手術をしなければならない扁桃疾患とは?
   Q55 アデノイド切除はどのような時に行うか?
   Q56 扁桃周囲炎と扁桃周囲膿瘍との治療方針の差は?

V.の ど
<のどの痛み・腫脹・異常感>
   Q57 のどの痛みにどう対処するか?
   Q58 どのような症状で上咽頭癌を疑うか?
   Q59 のどの異常感にどう対処するか?

<嚥下痛>
   Q60 どのような症状で下咽頭癌を疑うか?
   Q61 どのような所見で過長茎状突起症を疑うか(頸部軟骨の化骨化も)?

<嚥下障害・誤嚥>
   Q62 嚥下障害はどう鑑別するか?
   Q63 誤嚥の予防はどう指導するか?

<血 痰>
   Q64 血痰の訴えにどう対処するか?

<嗄声・失声>
   Q65 喉頭癌を疑う症状とは?
   Q66 反回神経麻痺の原因と治療は?
   Q67 痙攣性発声障害はどのような症状か?
   Q68 機能性発声障害にどう対処するか?
   Q69 大人と小児の喉頭乳頭腫はどう違うか?

<呼吸困難・喘鳴>
   Q70 急性喉頭蓋炎はどう対処するか?
   Q71 外来で可能な気道確保の方法は?

VI.気管・食道
<咳発作>
   Q72 急性ならびに慢性の咳にどう対処するか?

<逆流性食道炎>
   Q73 どのような所見で逆流性食道炎を疑うか?

VII.頸 部
<頸部の腫脹・疼痛>
   Q74 悪性病変を疑う頸部所見の特徴は?

<唾液線>
   Q75 どのような所見で唾石症を疑うか?
   Q76 耳下腺の腫脹にどう対処するか?

<甲状腺>
   Q77 どのような甲状腺の腫瘤は切除が必要か?
   Q78 異所性甲状腺とは?

<蜂窩織炎・深頸部膿瘍>
   Q79 どのような所見で蜂窩織炎を疑うか?
   Q80 どのような所見で深頸部膿瘍を疑うか?

VIII.異 物
<異 物>
   Q81 外耳道・鼻腔異物はどのように取るか?
   Q82 魚骨異物へはどう対処するか?
   Q83 どのような症状の時に気管・気管支異物を疑うか?

IX.音声言語
<開鼻声>
   Q84 開鼻声をきたす疾患はどう鑑別するか?

<言語発達>
   Q85 言葉の遅れにどう対処するか?

関連書籍

すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ

肥塚 泉/編
ISBN:978-4-88117-044-1 C3047
定価:10,800円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 113 耳鼻咽喉科外来診療-私の工夫-<増刊号>髙橋晴雄/編
ISBN:978-4-88117-802-7 C3047
定価:5,832円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 100 耳鼻咽喉科外来 薬の選び方・使い方・投与期間<増刊号>夜陣紘治/編
ISBN:978-4-88117-448-7 C3047
定価:5,832円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 92 耳鼻咽喉科で使用する外用薬の上手な使い方<増刊号>鈴木賢二/編
ISBN:978-4-88117-440-1 C3047
定価:5,724円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 107 すぐに役立つ耳鼻咽喉科臨床検査<増大号>岡本牧人/編
ISBN:978-4-88117-796-9 C3047
定価:5,184円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 79 耳鼻咽喉科における小児への投薬<増刊号>馬場駿吉/編
ISBN:978-4-88117-427-2 C3047
定価:5,724円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 126 咳のすべて<増大号>甲能 直幸/編
ISBN:978-4-88117-815-7 C3047
定価:5,184円(税込み)

小児の睡眠呼吸障害マニュアル 宮崎総一郎・千葉伸太郎・中田誠一/編
ISBN:978-4-88117-064-9 C3047
定価:7,560円(税込み)

“知りたい”めまい“知っておきたい”めまい薬物治療 肥塚 泉/編
ISBN:978-4-88117-067-0 C3047
定価:4,860円(税込み)

ページトップへ