ホーム > 

骨折に伴う静脈血栓塞栓症 エビデンスブック

骨折に伴う静脈血栓塞栓症 エビデンスブック

骨折に伴う静脈血栓塞栓症 エビデンスブック

日本骨折治療学会 
深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症調査検討委員会/編

978-4-88117-056-4 C3047

2010年11月

0040

定価4,104円(税込み)

カートに追加


ご注文後、営業日内であれば、すぐに発送させていただきます


骨折治療学会だけでなく、救急関連学会でも好評いただいております!

骨折周術期の静脈血栓塞栓症の病因・病態から疫学、危険因子、診断、予防法(理学・薬物など)、治療にいたるまでの国内外の文献のエビデンスをふまえ、専門家向けだけではなく「わかりやすく」解説することを念頭に詳説しています。

日常診療で疑問に思うことを、わかりやすい「Clinical Question」でそのエビデンスへ素早くアクセスできます。

目次

前 文
  エビデンスブック作成手順
  1)文献選択
  2)エビデンスの分類と評価
  3)サイエンティフィックステートメントおよび解説の作成
  4)エビデンス評価の課題と問題点
  略語一覧
第1章 病因・病態
 ◆Clinical Question
  1.PTE発症時の頻度の高い臨床症状は?
第2章 疫 学
 ◆Clinical Question
  1.予防を行わない場合,骨折を伴う外傷患者のDVT発生率は?
  2.我が国の骨折患者におけるDVTの発生率は?(薬物予防を行わない場合)
  3.我が国の骨折患者におけるPTEの発生率は?(薬物予防を行わない場合)
  4.我が国の骨折患者におけるPTEの発生時期は?
  5.PTE発生率の人種差による比較
  6.アジア人のDVT発生率は?
  7.大腿骨近位部骨折の骨折部位によりDVT発生率に差はあるか?
  8.VTE発生率に性差はあるのか?
  9.小児外傷患者のVTE発生率は?
  10.骨折部位とVTE発生率の比較
第3章 危険因子
 ◆Clinical Question
  1.外傷患者のVTE発生の危険因子は?
  2.手術待機期間の延長は危険因子か?
  3.空気止血帯(エスマルヒ)は危険因子か?
  4.麻酔法の違いはVTE発生に影響を与えるか?
第4章 診 断
 ◆Clinical Question
  1.DVTスクリーニングとしてFDPは有用か?
  2.DVTスクリーニングとしてD-ダイマーは有用か?
  3.可溶性フィブリンモノマー複合体はDVTスクリーニングの指標となるか?
  4.静脈造影の読影能力に日本と海外で相違があるのか?
  5.超音波検査はDVTの診断に有用か?(正診率は?)
  6.造影CTはDVT診断に有用か?
  7.MRベノグラフィーは骨盤深部のDVTの診断に有用か?
第5章 予防法一般
 ◆Clinical Question
  1.外傷患者に対する適切な予防法は?
  2.下肢骨折患者のDVT予防は健側にも必要か?
  3.下腿部の損傷にDVT予防は必要か?
  4.予防はいつまで継続するか?
第6章 予防法(理学療法)
 ◆Clinical Question
  1.弾性ストッキングは骨折患者のDVT予防に有効か?
  2.間欠的空気圧迫装置装着の問題点は?
  3.間欠的空気圧迫法は骨折患者のDVT発生を減少させるか?
  4.間欠的空気圧迫法は骨折患者のPTEを減少させるか?
  5.間欠的空気圧迫装置の種類により,予防効果に差があるのか?
  6.重症外傷患者に対する間欠的空気圧迫法のVTE予防効果は?
第7章 予防法(薬物療法)
 ◆Clinical Question
  1.骨折患者に対するデキストランのDVT予防効果は?
  2.デキストランと低分子量ヘパリンの予防効果比較
  3.骨折患者に対するアスピリンのVTE予防効果は?
  4.低分子量ヘパリンとアスピリンのVTE予防効果比較
  5.経口ビタミンK拮抗薬(ワルファリン)の治療域コントロールに影響を与える因子は?
  6.経口ビタミンK拮抗薬(ワルファリン)の至適投与期間は?
  7.ワルファリンの長期投与は出血合併症を増加させるか?
  8.ワルファリンの長期投与は骨折を増加させるか?
  9.ヘパリンは骨折患者の術後VTEを減少させるか?
  10.未分画ヘパリンと低分子量ヘパリンのVTE予防効果比較
  11.未分画ヘパリンと低分子量ヘパリンの出血合併症比較
  12.ヘパリノイドのVTE予防効果は?
  13.種々の低分子量ヘパリンでDVT予防効果に差はあるか?
  14.低分子量ヘパリン予防下での症候性VTE発生率は?
  15.低分子量ヘパリンの合併症
  16.Fondaparinuxの骨折患者に対する予防効果と安全性は?
  17.FondaparinuxとEnoxaparinのVTE予防効果比較
第8章 その他の予防法
 ◆Clinical Question
  1.下肢圧迫法と薬物療法の組み合わせ
  2.他動的足関節運動器と薬物療法の併用
  3.特殊な薬剤
第9章 治 療
 ◆Clinical Question
  1.外傷患者に対するIVCフィルター設置はPTE予防に有効か?
  2.IVCフィルターの合併症について
  3.IVCフィルター設置後のPTE発生率は?
  4.遠位静脈血栓に対して治療は必要か?
海外のVTEガイドライン

関連書籍

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 23/11 上肢骨折治療基本手技<増大号>吉田 健治/編
定価:4,536円(税込み)

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(J MIOS) 54 最小侵襲人工股・膝関節全置換術-適応とその手技-平川 和男/編
ISBN:978-4-88117-747-1 C3047
定価:3,132円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 23/8 整形外科におけるDVT/PE最新治療山本 謙吾/編
定価:2,376円(税込み)

Monthly Book Orthopaedics(オルソペディクス) 23/9 骨盤骨折治療澤口 毅/編
定価:2,376円(税込み)

老いを内包する膝~早期診断と早期治療~ 老いを内包する膝~早期診断と早期治療~

井原秀俊/編
ISBN:978-4-88117-053-3 C3047
定価:5,940円(税込み)

運動器リハビリテーション実践マニュアル 運動器リハビリテーション実践マニュアル

監修/日本整形外科学会・日本運動器リハビリテーション学会
編集/伊藤博元・岩本幸英・岩谷 力・越智光夫・立花新太郎・星野雄一

ISBN:978-4-88117-039-7 C3047
定価:8,640円(税込み)

ページトップへ