ホーム > 

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 220

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 220

あなどれない扁桃・扁桃周囲病変の診断と治療

川内秀之/編

978-4-86519-514-9 C3047

2018年6月

en0220

定価2,700円(税込み)

カートに追加

扁桃・扁桃周囲病変の診断から治療までを自験例、症例提示などにてわかりやすく、最新の情報を交えてまとめられた1冊!

目次

扁桃腫瘍性病変
杉本 太郎ほか
扁桃悪性腫瘍は扁平上皮癌が大部分で予後の良いHPV関連癌が半数を占める.HPV関連癌は扁桃陰窩から発症し早期診断が難しく,頸部リンパ節転移は嚢胞変性をきたすことがある.
急性扁桃炎とその鑑別 大堀純一郎
急性扁桃炎の鑑別疾患として,伝染性単核球症,無顆粒球症,MTX関連リンパ増殖性疾患について概説した.
病巣扁桃関連疾患 赤木 博文ほか
扁桃(特に口蓋扁桃)に起因し,扁桃が原病巣となる扁桃病巣疾患の疾患概念,成因,診断,治療(口蓋扁桃摘出術)およびその代表的疾患の手術予後について概説する.
Tornwaldt病・側頸嚢胞 八尾  亨ほか
Tornwaldt病,側頸瘻・嚢胞の発生原因は胎生期の遺残に由来すると考える説が有力とされており,発生学的知識が疾患を理解するうえでも治療を行ううえでも極めて重要である.
扁桃周囲炎・膿瘍 渡辺 哲生
通常の扁桃周囲炎・膿瘍は穿刺吸引,切開排膿,扁桃摘出術により治療できるが,両側性,下極型,他間隙の深頸部膿瘍合併症例は注意すべきである.
深頸部膿瘍・咽後膿瘍・副咽頭間隙膿瘍 木村 光宏
扁桃感染は,咽後膿瘍,副咽頭間隙膿瘍などの深頸部感染症に発展し,重篤な合併症をきたす可能性があることを念頭におき治療する必要がある.
扁摘と開放性鼻声 岩田  昇ほか
アデノイド切除術-口蓋扁桃摘出術(以下,扁摘)後は解剖学的な気道環境が大きく変化する.特に小児はその傾向が強い.稀ではあるが,扁摘後の開放性鼻声について述べる.
扁摘後の遺残扁桃の処置 太田 伸男ほか
術後経過で病巣感染症の再燃が認められた場合には感染巣として扁桃の遺残の有無について入念に精査し,遺残扁桃が認められた場合には適切に対処することが肝要である.
扁桃刺入異物 青井 典明ほか
扁桃刺入異物の診断には問診と視診が重要であり,視認できない場合にはCT検査が有用である.摘出のための色々な方法を知り,症例に応じて適応していくことが重要である.
慢性扁桃炎・舌扁桃による咽頭異物感 余田 敬子
慢性扁桃炎,舌扁桃肥大,舌扁桃炎による咽頭異物感について,慢性扁桃炎については症例を提示し,文献的考察を含めて概説した.
扁桃肥大が全身的に与える影響―小児例を中心に― 臼井 智子ほか
扁桃肥大は,上気道狭窄症状により発育過程の小児に様々な影響を与える.顎顔面骨形成障害,成長障害,高次脳機能障害,循環器障害,胸郭変形など全身への影響も出現する.

関連書籍

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 218 耳鼻咽喉科における新生児・乳幼児・小児への投薬―update―<増刊号>守本倫子/編
ISBN:978-4-86519-512-5 C3047
定価:5,832円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 215 口腔・舌病変をみる―初期病変も見逃さないポイント―太田伸男/編
ISBN:978-4-86519-509-5 C3047
定価:2,700円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 205 診断に苦慮した耳鼻咽喉科疾患―私が経験した症例を中心に―<増刊号>氷見徹夫/編
ISBN:978-4-88117-996-3 C3047
定価:5,832円(税込み)

Monthly Book ENTONI(エントーニ) 192 耳鼻咽喉科診療スキルアップ32―私のポイント―<増刊号>髙橋晴雄/編
ISBN:978-4-88117-983-3 C3047
定価:5,832円(税込み)

のどの病気Q&A 山中 昇/編著
ISBN:978-4-86519-201-8 C3047
定価:6,480円(税込み)

すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ

肥塚 泉/編
ISBN:978-4-88117-044-1 C3047
定価:10,800円(税込み)

耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル 耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル本庄  巖
市川銀一郎/編
ISBN:978-4-88117-057-1 C3047
定価:7,560円(税込み)

ページトップへ